トップ / 肝機能障害の原因について

肝機能障害の原因と症状

肝機能障害が起こる原因は人によって色々な要因がありますが、A型肝炎やB型肝炎が要因となっていたり、アルコールが原因となる場合や、病気の治療で使っている薬剤が原因となる事があります。徐々に肝細胞が減少し繊維成分が増えてくる状態が肝硬変となり、肝臓がんの引き金になってしまいます。肝機能障害としての症状は自覚症状が少なく、体のだるさや重さ、取れない眠気などがあります。肝臓には痛みを感じる神経が通っていないため、肝臓がんが発生していても進行しないと痛みや違和感が発生しません。

痛風と尿酸値の関係とは

痛風は風が吹いても痛い、ということからその名前がつけられたように、足を中心に強い痛みが起きるのでとてもつらい病気です。痛風かどうか、あるいはその予備軍かどうかを判断するために、尿酸値という数値が重要となります。これは血液中の尿酸の量を表すもので、7.0mg/dlを超えますと、高尿酸値と判断されます。ただし、この基準を超えたからといってすぐに症状が起きるわけではなく、しばらくこの状態が続くと症状が起きてしまう可能性が高い、ということになります。生活習慣の改善に取り組めば、尿酸の値を下げることも可能です。

痛風 プリン体についての詳しい情報を!
数値を下げるためには、正しい食事を。また、有効成分をサプリメントで摂取することで、かなり改善できるようですよ。

健康になりたい人の情報