トップ / 辛い膝の痛みを軽減する

加齢による膝の痛みは運動で解消

中高年の悩みで多いのが、「膝の痛み」です。加齢によって骨の新陳代謝の低下や軟骨のすり減りが起き、痛みを引き起こします。この症状は一般的に「変形性膝関節症」と呼ばれており、中高年の膝の痛みの原因の9割を占めているとされています。悪化すると自力での歩行が出来なくなってしまうため、決して軽視できない病気です。この病気の予防には、脚の筋肉を鍛えるのがおすすめです。自宅でも簡単に取り組めるトレーニングが多いため、毎日の習慣にすることで「変形性膝関節症」の予防につながります。

尿酸を作るプリン体と痛風

痛風は主に足および手の関節で発生する激しい痛みと腫れの症状のことです。発作はある日突然始まります。この痛風の原因となっているのが、尿酸です。尿酸は関節に溜まり易く、関節の中でも特に血行の悪いところがよく溜まるため、足の親指の関節が最初の発症となる例がほとんどです。 尿酸が出来る原因は、いろいろとあります。中でも飲酒によるプリン体の摂取は、尿酸を増やす原因として有名なものです。ウイスキーや焼酎など蒸溜酒よりもワインやビールなど醸造酒の方が多く含まれています。プリン体は、体内で分解されて尿酸になります。

健康になりたい人の情報